FC2ブログ

てと手 web版

秋祭り

10月26日、フロアー全体行事として秋祭りを行いました。
今年は『舞風』さんに和太鼓の演奏をして頂きました。

H26秋祭り H26秋祭り
『舞風』さんは上川町を中心に活動している和太鼓のグループです。小学生から大人まで交え、メンバーが入れ替わりながら太鼓が力強くリズミカルに叩かれます。
お腹にまで響くどっしりした音に、利用者様達も聞き入っていました。

H26秋祭り
『舞風』の皆様、ありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します。
スポンサーサイト



デイケア大運動会

10月25日、デイケア大運動会を行いました。

大玉送りから始まり…

デイ運動会4 デイ運動会3

変則二人三脚では大きな輪の中に2人で入って競争です。
デイ運動会2

そして職員によるパン食い競争!
利用者様からの応援の声がたくさんかかり、とても盛り上がりました!

デイ運動会1

結果は引き分けとなってしまいましたが、フロアーのスタッフの手伝いもあり、とても賑やかな運動会となりました。

長寿のお祝い

 9月9日から4日間、ウエストケアセンターでは長寿のお祝いの会を各フロアで行いました。
 95歳以上の長寿の方々に写真付き色紙を贈呈してお祝い致しました。
 また、保育所より小さなかわいい子供達が自作のお神輿を担いでお祝いに駆けつけてくれました。
 そして一生懸命練習したダンスを披露してくれました。
長寿の祝い(フロア)1 長寿の祝い(フロア)3
「かわいいねぇ」「あのくらいが一番かわいいよねぇ」
 そう言っていた利用者様方の表情は、孫やひ孫を見る温かい表情でした。
 普段あまり表情を出さないある利用者様は、子供が近づいてくるととても穏やかな笑顔になり、頭をなでたり、握手をしたりしていました。

2階の通所リハでは今年の長寿の祝いでは、あのご長寿番組『笑点』ならぬ『ウエスト笑点』を行いました。
まずは演芸ということで、介護職の藤田さんによる『エアー落語』が披露されました。
H26通所リハ長寿1
『エアー落語』は、CDの落語に合わせて、さもそれを自分が語っているかのように見せかけるというものです。これには利用者様も驚き半分、興味半分で聞き入っていました。

そして大喜利。
H26通所リハ長寿4 H26通所リハ長寿3
「けいろう」「かいご」などのテーマに合わせたあいうえお作文、イラストや写真を使った「何を言っているのでしょうか?」等、色々なお題に対して答えていきます。
もちろん本家同様、面白い答えには座布団を1枚。答えたけども笑いの少なかったスタッフには、取る座布団がなかったので一段下へ。
H26通所リハ長寿5
終始笑いのある長寿の祝いの会となりました。

明和会納涼祭

8月2日、毎年恒例の西八王子病院・ウエストケアセンター合同行事の明和会納涼祭が行われました。
昨年はゲリラ雷雨があり、外での実施にはなりませんでした。当日の天候だけが心配でしたが、雨は全く降らず、また気温もそこまで上がらず、今までの納涼祭の中では比較的過ごしやすいものでした。

いくつもの屋台が準備され、栄養科の方々を中心にたこ焼きや焼きそば、焼き鳥、スイカなどがふるまわれました。

納涼祭7

病院院長や看護部長、ご来賓の方々からのご挨拶を頂くと、盆踊りが流れ始めました。
納涼祭9

そして最初のイベントは保育所の子供たちの『南の島のカメハメハ大王』。
納涼祭6
スズランテープのポンポンで作った腰みのをつけて、お父さん、お母さん、先生と一緒に踊りました。
とってもかわいらしかったです。

毎年1つ行われる職員によるアトラクションは今年は2つ。
その最初が一世風靡セピアの『前略、道の上より』。この日まで汗びっしょりになりながら、何日も練習を重ねてきました。
さあ、ここがその結果の見せ所です。

納涼祭2 納涼祭1
勢いのよい激しい踊り。
終わった後には利用者様やお客様方から大きな拍手を頂きました。

そして、もう一つの出し物が子供たちに大人気の『妖怪ウォッチ』の『ようかい体操第一』。

納涼祭5
今年は、納涼祭にいらっしゃる地域のお子さんたちもより楽しんでもらえるようにと、ウエストケアの行事担当が企画しました。
曲が始まると、職員の中に混じって大勢の子供たちが楽しそうに踊っていました。

盆踊り再開。そしてなぜか、獅子舞も現れました。

納涼祭8

最後のイベントは花火!
今年は打ち上げ花火の前に、手持ち花火も用意してお子さんや利用者様方に楽しんでいただきました。

納涼祭4 納涼祭3
ナイアガラ花火の後、次々と打ちあがる花火。
「たーまやー!」
「かーぎやー!」
大きな声が利用者様方から上がっていました。



流しそうめん

7月5日、6日と2日間に分けて、流しそうめんを行いました。

 七夕になぜそうめんを食べるのかといえば、平安時代に「七夕にそうめんを食べると大病にかからない」と、7月7日に宮中でそうめんを食べていた習慣が一般に普及したことが、その由来なんだそうです。また、そうめんを天の川や織姫の織糸に見立てているという説もあるそうです。

 ウエストの流しそうめんは、隣の西八王子病院と協力して大きな竹を竹林から切り出すところから始まります。
切ってきた竹を2つに割り、節を抜き、最後に縁にやすりをかけてきれいにします。
その竹を机に置き、ホースやブロック等をセットして完成です。


H26流しそうめん4
今年の流しそうめん当日はあいにくの天気で少し肌寒いほどでした。

H26流しそうめん2
そうめんのおつゆにはミョウガやネギが入っていてとてもおいしそうでしたよ。
利用者様からも「出汁がきいていておいしい!」と好評でした。


H26流しそうめん3H26流しそうめん5

刻んだものでないと食べられない方や麺類が苦手な方には、栄養科特製そうめんゼリーが出されました。
試食しましたが、とてもおいしかったです!


H26流しそうめん1H26流しそうめん6
皆さん、流れるそうめんをうまく掬い上げ、たくさん召し上がっていらっしゃいました。

来月の行事はウエストケアで一番盛大なイベント、納涼祭です!お楽しみに!